【大陽日酸】RTシリーズ

汎用型窒素ガス発生装置

特徴

写真:【TAIYONISSAN】RT SERIES
 

  • 吸着材の交換不要
  • 高圧ガス保安法の適用外
  • 簡単な操作
  • メンテナンス体制の充実 

パッケージタイプPSA式窒素製造装置とは

温暖化対策を目的に非常に厳しい電力消費量の抑制が求められている昨今、PSA式窒素ガス発生装置に
用いる原料空気圧縮機の動力低減に向けて、大陽日酸は、窒素ガスの使用量に応じて動力を制御する
省エネタイプに加え、新開発の高性能吸着剤によりフル稼働時にでも大幅に動力が削減できる新型PSA
装置“RTシリーズ”を開発しました。

窒素純度99%〜99.999%、発生量23Nm3/h〜130Nm3/h(99.99%)をカバーし、タイプとして7機種
をラインアップしています。また、オプションとして従来の省エネシステム(EZシリーズ)や精製装置
タイプにも対応できます。

EZ・SE省エネシステムとは

EZ・SE省エネシステムは、インバータコンプレッサを用いずに窒素ガス消費量の変動に応じて消費電力を
削減できる独自の制御システム(大陽日酸社 特許取得済)です。RE,RT,Uシリーズなどにオプション設定
として搭載できます。

EZシリーズ(無段階制御方式)
 窒素ガスの使用量に応じて、自動的に最適なパターンを選択し連続的に追従し省エネシステム効果が得られます。

 SEシリーズ(段階制御方式)
 窒素ガスの使用量に応じて、あらかじめ設定したパターンに基づいて省エネシステム効果が得られます。

 

 

基本仕様 

PSA式窒素ガス発生装置 空気圧縮機

 型式

発生流量 Nm3/h

 圧力

MPa

寸法

WxDxH

重量

Kg

出力

kW

寸法

WxDxH

重量

Kg

99.9% 99.99%
RT20/S 30 20 0.5 1450x900x1700 1250 15 1200x890x1260 540
RT30/S 45 30 0.5 1500x950x1800 1550 22 1400x970x1400 650
RE40/N 50 40 0.5 950x1350x2150 1900 22 1400x970x1400 650
RE60/N 70 60 0.5 1150x1600x2200 2500 30 1400x970x1400 830
RE70/N 85 70 0.5 1300x1850x2400 3100 37 1400x1100x1400 970
RE80/N 95 80 0.5 2100x1850x2400 3800 37 1400x1100x1400 970
RT90/S 120 100 0.5 2200x1300x2550 3700 55 2000x1200x1800 1510
RT130/S 160 125 0.5 2400x1600x2750 4400 75 2000x1200x1800 1830

 

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ戻る