【KOKI TEC】 GFL-350N

鉛フリー対応窒素はんだ付け装置

特徴

写真:【KOKI TEC】 GFL-350N
 

  • 部品高さ100mm対応のすだれの無い、解放されたドーム構造
  • 窒素ドーム内にミスト回収とクリーンな基板冷却機構を内蔵
  • 出入り口にドーム内圧力調整構造を持ち安定した低酸素濃度
  • 予熱部は遠赤ヒータと温風循環を持ち低酸素濃度で加熱
  • はんだドロス発生を低減し、はんだボール発生を抑えた噴流機構
  • はんだ槽部の反り防止ユニットはドームを開ける事の無い外部動作機構(OP)
  • はんだ付け部のピールバックポイント外部操作機構
  • 二次元コードなどによる機種切り替えとトレーサビリティ対応(OP)

基本仕様

仕様項目 GFL-350
標準 オプション
基板サイズ MIN 50Wx120Lmm -
基板サイズMAX 350Wx450Lmm -
基板厚さ 0.6~2.0mm -
搭載部品高さ 上面80mm以下
下面6mm以下
上面100mm
ファイル数 200ファイル 二次元コードによる段替え
はんだ槽 自動引き出し 一次ノズル特殊対応
はんだ容量

約420kg(比重7.3時)

-

窒素供給量 0.5MPa 330L/min -
電源

単相 200V±10% 34KVA(100A)

-

装置寸法

全長:4,850mm 全幅:1,400mm 全高:1,665mm

-

自重量

約1,500Kg(はんだ含む)

-

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ戻る