【YAMAHA】リニアコンベアモジュール

 

特徴

  • 高付加価値を備えた汎用性の高い工程間搬送の実現

モジュール数の増減で搬送距離の調整が可能。レイアウト変更が容易に可能。
停止位置ストッパが不要な為、ハードやソフトへの変更をせずにプログラムの変更のみで立上げ時間をかけることなく段取り替えが可能。

  • 高メンテナンス性

モジュール、スライダ、レールにて構成されている為、摺動部はレールのみ。低発塵で消耗品が少なく、各部品も交換がし易い設計になっております。
高精度アブソリュート磁気スケール採用により原点復帰不要。動作開始・停止が容易に行えるので復旧時の時間ロスが発生しません。

  • 省スペース

新開発のリニアモータ採用により、モジュールの高さが従来モデルの約半分となりました。架台下部のスペースを有効活用を実現。
モジュール本体にモータドライバを内蔵した機電一体構造のため、統合コントローラからYQLinkケーブル1本で繋ぐだけでLCM-X全体を制御できます。制御盤内の省スペース化にも寄与します。

基本仕様

 

機種 LCM-X
駆動方式 ムービングマグネット式コア付リニアモータ
位置検出 フルレンジアブソリュート位置検出センサおよび、フルレンジスライダID検出
最大可搬質量 15 kg
最高速度 3,000 mm/sec ※1
繰返し位置決め精度 ±5μm
ロボットスライダ間機差 ±10μm
最大連結ストローク 約25m ※2
最大ロボットスライダ数 64台 ※2
ロボットスライダ間最小ピッチ 210mm
本体外形 本体断面最大外形 W178×H85mm(ロボットスライダ込み)
リニアモジュール長 200mm / 300mm / 500mm / 1000mm
ロボットスライダ長 198mm
本体質量 リニアモジュール 10kg [リニアモジュール1mあたり]
ロボットスライダ 1.2kg
コネクションユニット 0.6kg
電源 制御電源 DC48V+5%, -10%, 75W [リニアモジュール1mあたり]
モータ電源※3 DC48V±10%, 最大1000W(最大加速時)
最大電流容量※4 合計30A [制御電源:15Amax.,モータ電源:30Amax]
使用環境 使用温度 0℃ - 40℃ ※6
保存温度 -10℃ - 65℃
使用湿度 35% - 85%RH [結露なきこと]
コントローラ YHXシリーズ ※5


※1:可搬質量が10kg以上の場合は2m/secとなります。
※2:システム構成より異なる場合があります。
※3:動作パターンにより必要な電流容量が異なります。
※4:入力部(コネクションユニット)1箇所あたりの最大容量。必要電力が入力容量を上回る場合は複数個所からに分けて入力する事でご使用頂けます。
※5:YHXコントローラ用に別途電源が必要
※6:LCM-Xの運転は、設置・調整を実施した温度環境(±5℃)で行ってください。


お問い合わせフォーム

ページの先頭へ戻る