【アルファ―デザイン】Board-Packer AMX

あらゆる部品挿入対応へ複合挿入バージョンアップ

特長

1.複合性と将来性

写真:【アルファーデザイン】 Board-Packer AMX
 

  • ニーズに合わせて標準化された「挿入ユニット」を組み合わせることにより、複合挿入可能なシステムを構築することができます。(従来機MXに比べ、搭載ユニット台数が3台から4台に拡大しました)
  • 本体導入後は、必要となる挿入ユニット単位で追加することが可能です。
    また、挿入ユニットは改造できるため、対象部品変更に対して、柔軟な対応や段階的な設備投資が可能です。

2.カスタマイズ

  • 異型部品は3,700品種の対応実績があります。今後変化する部品形状にも、豊富なノウハウで自動化をサポートします。

3.簡単操作

  • タッチパネル&サブキーにより、操作性を向上しました。
  • 穴位置修正カメラを標準装備し、挿入穴の位置合わせが簡単です。

4.生産性の向上

  • 従来機MXに比べ、約10%生産性が向上しました。

標準仕様

機種名 複合電子部品挿入機
型式 AMX
仕様 標準基板仕様 大型基板仕様
対象基板サイズ Min. 150 x 50 mm
Max. 330 x 250 mm
Min. 150 x 50 mm
Max. 430 x 330 mm
装置サイズ 幅(W) 1,540 x 奥行(D) 1,300 x 高さ(H) 1,670 mm (3色灯除く)
重量 約 650 kg
動力源 電源 3相 AC200V (50/60Hz) 3.5KVA
ドライエア 0.5MPa 60L/min (ANR)
挿入タクトタイム 0.7 ~ 1.5秒/点
搭載可能ユニット数 最大4台
*大型基板仕様の場合、搭載ステーションによっては搭載不可領域が生じます
対象部品 アキシャルテーピング部品(密着型・浮き型)
ラジアルテーピング部品・各種異形部品(スティック・バルク)
角ピン(リール材)・タブ端子(フープ材・バルク)・丸ピン、ハトメ(バルク)
部品挿入方向 0° ・ 90° ・ 180° ・ 270° (任意角度挿入対応は別途ご相談)
基板供給搬出時間 約4秒
その他 基板穴位置補正ユニット標準装備
オプション

基板外形基準位置決め装置、基板逆流れ仕様、基板レール巾自動調整装置

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ戻る