【TOSHIBA】TOSMICRON-CH4090FD

東芝のX線センシング技術を活用した実装基板検査に最適なシステム

適用分野

写真:【TOSHIBA】TOSMICRON-CH4090FD

  • 実装部品の接合状態
  • ICパッケージ内部検査
  • システムLSI内部構造
  • 半田付け検査
  • セラミック・プラスチック検査

特徴

  • X線検出器に、FPD(フラットパネルディテクタ)を搭載し、画像表現能力の高い歪みのない鮮明な画像が得られる
  • 製造現場でも使用しやすい立ち作業モデル
  • センサ傾斜機能により、斜め方向からの透視観察が可能
  • PC画面上で全ての操作が可能
  • 設置場所を選ばないコンパクト設計
  • BGA検査に最適な計測機能を標準搭載

基本仕様

型式 TOSMICRON-CH4090FD
X線発生器 管電圧90KV 管電流200μA 焦点寸法5μm
X線センサ FFD(フラットパネルディテクタ)
倍率 最大約160倍
傾斜機能 0~60度
試料テーブル 400×350mm
搭載可能質量 5kg
外形寸法 1050(W)×1050(D)×1430(H)mm
装置重量 約620kg

お客先のご要望に合わせて、上記コンパクトモデル以外にもハイエンドモデル、スタンダードモデルとラインアップを豊富に取り揃えております。 お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ戻る